珪藻土バスマットを1か月使ってみた感想!メリットデメリットは?

近年着々と人気を集めている珪藻土バスマットですが、私も以前から興味がありました。

ちょっと使ってみようかと、ネットで調べて購入。

そしたら珪藻土のバスマットはたくさんの製品があって、その中で私が選んだのが、HUMUSのバスマット。

使い始めて1ヶ月の感想は?珪藻土バスマットの、メリット、デメリットが見えてきましたのでここに書いてみようと思います。

珪藻土バスマットを買うきっかけになったのは?

珪藻土バスマットは結構いろんな種類があって、価格もいろいろあって驚いたのですが・・・

 珪藻土バスマットは、こんなに種類があります。

3年前に結婚して、新居に移った時点で買おうと思ったのですが、貰い物のマットなどがあり、機会がありませんでした。

普通のマットだったので、2週間に1度は服とは別に洗濯をして干していました。
働いていたので毎日洗う事日々の汚れは積み重なり、汚れていきました。

そして、1年前子供が生まれ、子育てと普通の洗濯でいっぱいいっぱいで、ついに2週間に1度の別洗濯も面倒になり、洗うのが2か月に1度くらいになり、非常に不衛生でした。

さらに赤ちゃんがハイハイで動くようになると、マットをかじるんですねー赤ちゃんって

私は菌とかウイルスとか気にしないズボラな方だと思いますが、さすがにこれはダメだと思いました。

そんな時、実家が珪藻土マットに変えたという転機があったのです。

実家に泊まった時、初めて珪藻土マットを踏んだ時のお風呂上りの衝撃といったらすごいものでした。
踏んだ瞬間、すぅーーっと乾く不思議な快感が素晴らしかったです。

赤ちゃんも、さすがにかじる事はありませんでした。

これは買うしかない!と思い立ち、色々なサイトを検索し、最終的に楽天で実家と同じものを購入しました。↓

デザインも9種類!
私が買ったのはこちらの木の葉柄です。↓↓

平日の注文から送料無料で2日で届きました。この迅速でサービスの良さ、さすが楽天様ですね。
受け取った瞬間、わくわくして包装をあけました。

わざわざ自分で手をぬらして記念すべき初手形をとりましたが、30秒でほぼ乾きました!

今ちょうど使い始めて1ヶ月少々たちましたが、旦那にもとても好評ですし、子供も噛んできません(笑)

珪藻土バスマットを1か月使った使った感想は?

バスマットが濡れていない!という快感!
これは感激します。

また脱衣所内の、ちょっと嫌な臭い。これはバスマットからだと思ます。
でもこの「珪藻土バスマット」に変えて臭いが無くなりました。

やっぱり臭いの元は、布製のバスマットだったんですね。

珪藻土バスマットを、1か月使ってみてのメリットデメリットが見えてきました。

珪藻土バスマットのメリット

実際に使ってみてこの商品のメリットを挙げていきたいと思います。

臭わない!

本当にすぐ乾くので、雨が続く日なども問題ないですし、臭いなども全くしなくなりました。(以前はなんとなく雨の日は脱衣所が臭く、マットも半乾きだったので嫌でした)

衛生的!

臭いがあるということは、菌が繁殖しているということ。

ダニなどに対しても効果があるとのことなので安心です。

赤ちゃんがかじる!のが一番の購入きっかけですが・・・衛生的だからということと布ではないので、かじるということが無くなりました(笑)

ちなみにうちの父に珪藻土バスマットを贈ったのですが、使い始めてから水虫が良くなったと言っていました(笑)

洗濯の手間がない!

ぶっちゃけ、子供がいなかった頃も、マットの洗濯は面倒でした。自分たちの服と一緒にしたくなくて(というか容量的にもしない方が良い)、二回目回すのが嫌でした。

珪藻土マット全般に言える事ですが、1週間に1回程度、濡れた雑巾でサッと拭けばよいだけなので、とっても楽です。

吸水率が抜群

私がこの珪藻土バスマットが、欲しくなった一つの理由なのですが・・・

布製のバスマットは、前に使った人がいると(私の場合夫なのですが(笑)濡れてて嫌なんです。
でも珪藻土バスマットは、私が使う頃には乾いています。

速乾性は半端ないです。

珪藻土バスマットの中では安い方だが丈夫!

この商品の売りは1.4mmの厚さです。

普通、珪藻土マットは0.9mmが主流らしいのですが、0.5mm厚さを増すことで、より丈夫で割れにくくなり、経年で生じるゆがみにも強く、吸水力も1.5倍増しだそうです。
(このあたりは実際に他の珪藻土マットを使ったことがないので比べようがないですが、今のところ、割れそうな心配もなく、とっても快適に生活できているので問題なしです)

そして、他のショップサイトで1.4mmの厚さがある商品を見るとどれも5000円くらいしていますが、こちらのショップのものはお買い得だと思いました。

白で柄もあっさりしているのでどんな風呂場でも合う

珪藻土マットの中でも柄があっさりしていて、白地のため、どんな風呂場でも適応していると思います。

実際、家でも以前使っていたカラフルな布のマットより、今の方がシンプルで白を基調としたうちの風呂場に合っていると思います。

以上私が1か月使って実際に感じたメリットです。

珪藻土バスマットのデメリット

洗えない

洗わなくて良いということですが、製品の性質上、逆に言うと「洗えない」んです。

「速乾」「抗菌」なので、洗わない事に気を遣わなくて良いのですが、

一つだけ注意したいのが、ペットを飼っているお宅です。
ペットがおしっこしてしまわないように注意です。 洗面脱衣所にはペットを入れないことですね。

重い

「少し重いかな?」って言うのが最初の感想でした。楽天のレビュー見ても「少し重い」が結構ありましたが・・・その分

 吸水性アップしている。
 歪がほぼ無い
 割れにくい

ということで、納得。

冬は冷たくなる

気温によってバスマットも温度が変化します。だから布製のバスマットと比べて冬は冷たく感じます。

ですが、脱衣場に暖房がある場合は気にしなくて良いです。
私の場合は、冬場は寒い脱衣場は「ヒートショック」など危険なので、温風ヒーターを入れてるので、冷たさは気になりません。

また珪藻土バスマットでなくても、冬場は前の人が使った後は濡れてて、冷たいです(笑)

割れる

これは、購入する前レビューに書いていたのですが・・・割れるらしいので、扱いには注意しています。

以上がデメリットですが、重さ以外は対応できます。
重さも、女性の私が「ちょっと重いかな?」って感じるくらいです。

それらのデメリットがあったとしても、珪藻土バスマットの良さの方が上回ります。

珪藻土バスマットのメリットデメリットのまとめ

速乾性、抗菌等 メリットがたくさん。

布製のバスマットは、じめじめしてなんだか臭います。また前の人が使った(私の場合主人ですが)後に濡れていることが嫌でした(笑)
これも解消!

とりあえず1週間に1度水拭きをして、干しておく以外に手入れはしてません!

毎日、お風呂からあがるのが楽しみで仕方ないです。
是非珪藻土マットを試してみてはいかがですか?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする