珪藻土バスマットのメリット デメリット!お手入れの仕方と口コミ

「珪藻土」という、天然の素材を使ったバスマットを3カ月程使用しています。

なかなか重宝していますが、ここはこうだったらいいのにな~!というのも有ります。
だから、使ってみて、珪藻土バスマットのメリット デメリットやお手入れ方法、買った人の口コミも載せいていきますね。

珪藻土バスマット デイリーランキング

珪藻土バスマットを買った経緯

「珪藻土」は、藻類の一種である珪藻の殻の化石が主成分なのだそうです。小さめのバスマットです。

数年前にテレビで、新築のお宅の脱衣場を、珪藻土を塗り込んだ壁にするという企画をやっているのを
見たのですが、その時にこの素材が水分を吸収しているのを見て、強いインパクトが残っていました。

半永久的に湿度を調整してくれる作用があるそうです。現在の家は一階の湿度が高く、浴室の外のバスマットはなかなか乾かず、濡れっぱなし。

裏にはカビが生えてしまいます。毎日の様に洗濯していますが、やっぱりカビるので、何枚ものバスマットを捨てては買い替えていました。
それに育児中ですので、バスマット洗いで忙しくなるのにもうんざりしてしまっていました。

バスマットは全てカビが生えてしまったから、また買わなきゃ・・・と楽天でバスマットを検索していた時に、「珪藻土バスマット」というのが出てきました。

あ!珪藻土だ!と思いレビュー等見ていると、評価も高かったのと、思っていたよりもローコストだった為、思い切って購入してみました。


珪藻土バスマットのメリット

結果、大満足です。

カビは全く生えてこない
嘘の様にお風呂上りの足裏から水分を吸収、足跡が始め見えますが、水分を吸収しきって消えていくのが面白いです。
サラサラする感じが心地よく足裏に感じられます。

少し冷たい感触も夏場ですので、気持ちが良いですが、冬は少し気になるのだろうか?とは思います。
バスマットの様に水分過剰状態でびしょびしょになりません。
洗う必要も無し。

説明書には、吸水性が弱くなったら紙やすりで表面をこすってくださいとの事で紙やすりが一枚入っていましたが、まだ使っていません。

一週間に一度は陰干しをするようにと書いてありましたが、二階のベランダまで持って行くのが面倒で干した事も無いのですが、全く匂いも無しです。
割れてしまった場合は、他の用途で2次使用できる

・トイレの消臭剤
・下駄箱の消臭剤。
・車内の消臭剤
・クローゼットの除湿剤

サイズ:600mm×390mm×9mm

私の珪藻土に対する感想

本当に凄いバスマットに出逢えた、と感動しています。

日本は湿度がとても高いのだし、じめじめでカビの事を年中気にしながら過ごさなきゃいけないストレスも馬鹿らしいので、家の壁中、珪藻土を塗り込んでやったらどうだろうかと本気で思います。

現在は貸家なのでそんな事はできませんが、家を購入する際には、珪藻土をふんだんに取り入れた家にしようと考えて
います。

エネルギーフリーの経済的な調湿作用、こんな便利なもの、もっと色々な用途があるんじゃないかとも思います。

すっかり優等生である「珪藻土」のファンになってしまいました。

後から調べて知り得た知識なのですが、寒く湿度が低い冬にはなんと、湿度を放出して温度調整するそうなのです。

結露の防止にもなるそうです。これは凄い。

寒い冬に石の様な冷やっとする感触は、もしかすると辛いのではないかと案じてもいますが、湿度は低い時期なのだから、冬場だけ普通の布のバスマットを使っても良いかな、と思っています。
して

珪藻土バスマットのデメリット

 歪みが出ることがある。

 水洗いができない。⇒汚れはふき取るか、紙やすりで削る(通常半年に1回くらい)
(ペットを飼っている家庭は、おしっこに気を付けてください)

 割れやすいです。(段のあるところは気を付けましょう)⇒もう一つ紹介するのが一番下にあるの厚さ14mmの珪藻土バスマットです

 冬は冷たい(脱衣場に暖房が入っているといいんですが・・・冷え性の方は、冬は普通のマットと使い分けてください。)

 寿命がある。約2年。

珪藻土バスマットの口コミ

厚さ9mmのもの

毎日バスマットを洗わなくて良いので、楽です。吸水早いですね。使い心地も良いです。

家族が多いので、いちいち他の人が使って濡れた上からということが無くって、気持ちよく使えています。

あまりに早く乾くので、衛生的に良いですね。

評判読んで買ったせいか、足を一度乗せただけでは完全に拭き取れません。他の乾いたところに足を置いてやっとサラサラに。

以前はかなり高級品でした。この価格になっていたのでびっくり。即購入しましたが、使い心地完璧です・・・使い心地の良さは、なかなか言葉では言い表せないです。ごめんなさい。使った人にはわかると思います。

そりが出てきました。なんだか割れそうです。もう少し厚い方が良いかと・・・

厚さ14mmのもの

厚みがあっていいですよ。以前は9mmの物と使て散ましたが、寿命が来たので、14mmに買い換えました。安定感も有り、給水瑠億もあると思います。

吸水性の心地良さと、デザインに満足しています。

使っているうちに汚れそうで、もっと濃い色のものもあってもいいんじゃないかと思ました。お風呂上りなので、早々汚れませんが。

知り合いの新築祝いにプレゼントしました。とても喜んでくれました。

最後にお風呂に入る私にとっては、乾いていてうれしいです。

もっと安い物も、高いものもあるんですね。厚さ9mmのものは、ちょっと心配なのでこちらにしました。安定感あって良いですよ。※

吸水性、速乾性申し分ないです。でも冬は冷たいです。

※価格に差があります。上の珪藻土バスマットランキングで比べてみてください。

珪藻土バスマットの厚さ14mmの紹介です。

私が購入した珪藻土バスマットより厚さが約1,5倍。

厚みが、9mmから14mmになって、給水力が155%のものもあります。
強度もアップ。割れにくくなりました。

個人個人の考え方ですが、私は薄い方で、全く不満はないです。万一割れたら、新しいのを買えば!って思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする