アシートの効果のレビュー。足の汗や臭いの悩みに私は大満足。

アシート 効果

男女問わず、足の悩みって持っていますよね。

特に仕事をしている人・革靴を履く必要がある人にとっては毎日悩まされることだと思います。

とは言え、足の悩みなんて恥ずかしくてなかなか人にも相談できない…足の消臭 防臭 吸汗を考えたてる人は必見!

そんな人にこっそり教えたい商品があります。
それは「アシート」。聞いたことが無い、という人はラッキーです。

このおすすめを読んだらすぐに欲しくなります。
そして、足の悩みから解放される可能性がぐっと上がります!

足の消臭 防臭 吸汗を考えた時にアシートに出会った。

私がアシートに出会ったのは、営業職をしていたとき。その頃の私の足は「最低」な環境でした。
まずパンプス必須・パンスト必須な仕事だったため「とにかく蒸れる!」。

そして「臭う!」。
営業先で靴を脱ぐのがはばかられるし、気になって仕事どころではありませんでした。

また夏場などは足の汗でいつも指先がぐしょぐしょ。
さらに雨の日などはパンストに靴の色や汚れが移ってしまい、見るも無残な状態に。
毎日毎日、外回りから戻るたびに足用の制汗スプレーを吹きかけ、パンストを取り換え、大変な思いをしていました。

問題は足だけではありません。
靴も、1日寝かせたくらいでは湿気が取れず…すぐにカビが生えてしまいます。
せっかく買った革靴も中が傷んでしまうだけではなく臭いも取れにくく、履くのが嫌になるほどでした。

仕方なくいろいろな中敷きを入れて試しましたが結局どれもしっくりこず。
またドライ機能が付いた高級な中敷きは使用頻度が多いと毎月結構な出費になってしまい、続けることができませんでした。

華の営業職にもかかわらず水虫を怖がりつつ足を薬用せっけんで洗う日々は、女子力アップのかけらも無いような「とほほ」な感じだったのです。

アシートについてメリット・デメリットのレビュー

アシートはネットで見つけました。とにかく何とかしたいと思い、探し回って見つけた商品です。
デリケートなお悩みに対する商品のせいかあまり知られていませんので、まずはアシートについて紹介させていただきますね。

アシートは何とペーパーインソール、つまり「紙でできた中敷き」です。使い捨てです。
脱臭剤を使用した特殊な紙でできており、とにかく臭わせません。
表面強化コーティングに配合された抗菌剤「PGA」が、嫌な足の臭いの原因となる菌の増殖を防いでくれます。

また紙でできているため汗をぐんぐん吸収してくれます。
まるで段ボールの内側のような波型加工によるエアダクト効果もばっちり。

通気性が抜群なので、時間が経って汗をかいてもさらさらが持続します。

この波型加工は、通気性だけではなく衝撃を吸収し、足裏のツボまで刺激してくれます!
これは履いてみると分かりますが、まるで畳の上を歩いているかのような爽やかな感触です。

私はこの履き心地が大好きです。

そして一番の特徴は、使い捨てであるということです!

ペーパーインソールということで、気軽にポイポイ使い捨てることが可能なんです。
もったいないと思いますか?私も初めはそう思いましたが、使ってみると「安いくらいだ」と感じるようになりました。

そもそも足の臭いのために、いろいろなものを使い捨てていますよね。
制汗スプレー、高い中敷き、足用のせっけんやケアアイテム、汗取りシート、ウェットティッシュ、パンスト、靴下、さまざまなアイテムが消費されていくことになっていた現状を思うと、紙のインソールで問題解決できるならコスパは良いはずです。

なかなか伝えにくいのですが、使ってみるとこんな気持ち良く足の悩みから解放されるなら毎日どんどん使っちゃう!という気持ちになると思いますよ。

アシートの種類と、おすすめ

アシートには「Kタイプ」「Bタイプ」「Oタイプ」の3種類がありますので、ご自身に一番合うタイプを見つけて欲しいです。
私はまずはKを使い、その後O、Bと試し、やっぱりKに戻るという使い方をしました。簡単に違いを説明すると

Bは「やわらかめ」
Kは「普通」
Oは「かため」

という歯ブラシのような区分けです。

Bは私にはやわらかすぎました。
1日で紙がボロボロになる感じもあったため(どれだけ汗をかいているんだ)と内心絶望しつつ、1パック使い切って終わりました。

Oはかたい履き心地は良かったのですが、コスパがイマイチだったため断念しました。
Oはしっかりした作りの分「2・3日使える」という触れ込みでしたので「何日も使えるなら安く済みそう」と思ったのですが、やはり私の汗の量で3日持つことは無く…

結局Kタイプに戻り、安定して使えるようになったのでした。
しかしこれは個人差があると思いますので、気になる方は全種類試してみて欲しいと思います。

トライする価値はある商品ですよ!

アシートの口コミ

楽天でのアシートの口コミは、460件 評価は、なんと★4.69 かなり良いです。

生の声は下記の公式サイトで見てください

アシートの使い方

Kタイプは「毎日取り換え」が基本です。
1日履いて帰宅すると、紙が汗を吸いふやけたようになったり、反り返ったりしているので「今日は汗をかいたな」とすぐにわかると思います。

そのため足を酷使した日は帰ってすぐ捨て、パンプスを乾燥させるようにしていました。

しかし使ってみると、「この状態だと明日もいけるな」という日も出てきます。
あまり歩かなかった日などです。

そこであまり汗をかかずアシートのダメージが少なかった日は、翌日も使用しました。

一番いいパターンは「2日目の夕方に、プライベートの予定が入っている」という日。
これは使用2日目のアシートを仕事帰りに廃棄し、パンストを履き替えることで遊びやデートでもリフレッシュして仕事場から直行することが可能になるという素晴らしいパターンです。

また2日目に雨が降る日にもアシートは威力を発揮してくれます。
靴の中がグズグズになるのを防いでくれますし、湿気を吸ったアシートを捨てて新しいものにするだけで、雨の日でも靴の中を快適にしておくことができるのです。

仕事用の靴と足に悩んでいる人にとって、使い捨てのアシートの使い勝手の良さはまさに「神」です!加えて足の臭いや蒸れ、靴のメンテナンスにも役立つなんてすごいですよね。

また女性にとっては、冬場の使用…そう、ブーツにもおすすめです。あの寒い時期とは思えないブーツの中の蒸れ…そして気になる臭い…一気に問題が解決されます。

私は営業所のロッカーにも常備していました。切れてしまった日は、百貨店の靴売り場に買いに走るほどでした。

(ちなみにアシートは、靴専門店などに置いてあります。
しかし自分のタイプ・サイズがピンポイントであるとは限りませんし価格も割高です。
やはり毎日のものですので大容量で購入しておくことをおすすめします)

アシートのデメリット

唯一のデメリットは、靴を脱いだ時のビジュアルです。

茶色のペーパーインソールはさすがにかっこいいものではありませんので、「今日は気合を入れた商談、かつ靴を脱ぐシーンがある」というときには外していきました。

しかし見られて恥ずかしくない相手のときはそのままですね。
逆に宣伝しています。

足の悩みを持っている人は本当に多いため、話のきっかけにもなります。

取引先の社長にすすめたら大絶賛されたこともあります。

というわけで、TPOに合わせて使い分けてみてください!

アシートのまとめ

使い始めるとくせになるアシート、もし気になったらぜひ一度使ってみてください。

外出先でのコンプレックスが何割か解消されると思いますよ。
自信をもって靴を脱げるようになったら気分が良いですよね。

男女問わずのおすすめ商品です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする