スマホ用手袋レディース 可愛いケーブルニットがうれしい!

何かを選択するとき、普段はささっと即決、優柔不断なところが一切なし、というタイプの私ですが、どうしたものか…と今回ばかりは迷いに迷っております。

んー。何かというと、「手袋の柄」なんです。

スマホタッチ、可愛いケーブルニットの柄!

 レディース手袋 ランキング

実は、このランキング80位以内に入ってないのですが、あの「エコロコ」の商品なんで、ここから選んでみたのですが・・・

この「エコロコ」の「ニット手袋」なんですけど、8種類ありまして…、3種類くらいには絞れたのですが、1つだけを選びきれずにいます。

もう、迷うくらいなら買わない!のが、いつもの私なのですが、今回ばかりは迷うものだけ全部買おうか、なんて思ったり。

使わない時も、置くだけで絵になるし、ちょっと冒険して、左右ちぐはぐでつけてみるのも悪くないです。
そんな自分だけの楽しみ方が出来そうな柄なんです。

それに、なぜか手袋や靴下って、自分にとっては、お守りのような位置づけにあって、ゲン担ぎだとか、その日の気分だとかに直結した代物です。
その感覚、分かってもらえるでしょうか…。(分かる人だけ分かっていただければ…)

まあ、それ故に手袋をいくつか持つのも悪くないと思う次第です。

エコロコのスマホタッチグローブは目が離せない絶妙なデザイン

こちらの手袋、見れば見るほど「絶妙なデザイン」と思わずにいられません。

確実に目を引くのに個性的すぎず、可愛すぎず&ハードすぎず、やや知的さも残しつつ遊びがたくさん…そんな感じでしょうか。

老若男女、どなたが装着しても、着けた時から冬の物語が始まりそうな雰囲気。凝った絵本の表紙のようです。

雰囲気を和らげる色

一見すると、やや女性向けのデザインのようですが、「男性でもこれ着けられる?!」と思うなかれ、男性がこんな手袋していたら、女性のほうから話しかけたくなりますよ。
持ち主の人柄に温かみと安心感が伺えるというか…、話しかけやすくなりますから。

手袋の入り口から中指の先までが23㎝となっていますので、サイズが合う男性は是非トライしてもらいたいなぁと思います。
柄が4種類で、柄ごとの色違いが各2種類になっていますので、恋人や夫婦で同柄色違いにするのもいいですね

それに、男女ともに言えますが、差し色として取り入れるとオシャレに見えます。
嫌な目立ち方にはなりません。

むしろ「素敵な手袋ですね」と話のきっかけにもなりそうな…。
冬の服は地味になりがちですから。

子供っぽくならないデザイン

差し色とは言え、派手すぎず柄物なのにスタイルが甘くならないので、使いやすいですね。
デザインが子供っぽく見えないように計算されているのが分かります。
ちょいレトロ、ちょい外国風、そんなテイストなので、大人の服装に添えても大きく外れることはなさそうです。

そもそもが、外で着用するものなので、よほどのおよばれやお出かけでなければ、試してみたい手袋。
TPOに合わせて着用してはいかがでしょうか。

勿論、明るい色の服とも合わせることが出来ます。
一つの手袋にいろんな色が使われているので、手袋に合わせてコーディネートを考えてみるのも面白そうです。

また、服に使われている柄と、手袋の柄の一部分を揃えてみたりするのもいいですね。

アクセントとして、手袋の右手側にだけ合皮のネームがついています
これがなかなか大人っぽい演出をしてくれます。
色、柄、合皮ネームといった手袋自体の遊び心に目が留まって、見ていて飽きません。
もしこんな手袋をプレゼントされたら、即座に楽しい気分が沸き起こると思います。

色や柄の力ってあなどれない、不思議なものですね。

文具や雑貨のような

手袋や靴下なら、多少趣味と合わなくでも使ってみようかなと思えますし、着けてみると、思った以上に使えて「うきうき」なはずです。
特に女性は、小物はいくら持っていても困りませんしね。

そうそう、女性がマスキングテープや、シールをたくさんコレクションしてしまう感覚は、この手袋にも当てはまりそう。
使うか使わないかは別として、文具好きな彼女には間違いなく喜ばれるでしょう。

エコロコのニット手袋 機能性も良好。

通電性

最近の手袋は、つけたままスマホが扱えるものが増えていますね。
こちらもばっちり対応しているので、安心です。
手袋をつけたりはずしたりしなくて済むのは有難いこと。
親指、中指、人差し指に導電繊維を使用しているので、手袋をつけたままタッチパネルの操作が可能です。

こうして物はどんどん進化していくのに、人間の体は、相変わらず。
寒い時は寒い、手袋をすれば温かい、単純なままなですね。

スマホやスマホ対応手袋がこの先違うものに進化したり変化したりしても、人間の機能そのものは変わらないのか…などと思ったり。

未来に何が起こるかは分かりませんが。

何にしても、しばらくはこのままスマホとスマホ対応手袋は使えると思いますので…。
しかも手袋は「手袋」なので、スマホが無くなっても(別段スマホを使わない人でも)、手の防寒に使い続けることが出来ますね。

手袋でよくあるのが、「もう飽きたかな」という頃には春になっていること。

使わなくなり、また冬になって引っ張り出した時に「あ、かわいい」と新鮮な気持ちで着けることが出来たりします。
冬の小物って、毎年そういう再会を繰り返しているような気がします。年々、この手袋と一緒に冬の思い出が増えるといいですね。

優しい触り心地

さて、スマホ対応機能以外にも注目したいのが、手触りです。

肌になじむ手触りで手放せなくなりそう。
柔らかくて、ふわっとしています。

それというのも、使用している糸が「プレミアムシュークリーム糸」だからです。
ふんわりとした厚みで、他にはないソフトな感触。
気持ちがいいな、と誰もが思うような風合いになっています。

プレミアムシュークリーム糸

ちゃんと糸で編んでいるのですが、この糸を使うと網目が目立たないので、圧縮ニットのように見えます。網目の模様を楽しみたい方には物足りないかもしれませんが…毛糸のごわついた感じや、チクチクした感触が苦手な方には持ってこいですね。

私も趣味の編み物で、シュークリーム糸(プレミアムではありません)を使ったことがあります。
出来上がりは「あら、最初からそういう布だったみたい」とほぼ全く網目が残せませんでした。

編地が無地に見えるのは残念ですが、網目がずれていても分からないので、いつもより上手に仕上がったような…。
とにかく一枚布のようになります

ちなみに、こちらの手袋は日本製
美しい仕上がりとなっていますのでご安心ください。

そもそも、この糸を選んだのが、赤ちゃんに小物を作ってあげようと思った時。
毛糸玉の時点で、一番柔らかくて気持ちよく感じたのがシュークリーム糸だったのです。
赤ちゃんの小物は大抵は綿を使うのですが、この糸で作ってあげたいと思うほど、肌触りが良かったのです。

そんなシュークリーム糸ですが、「プレミアムシュークリーム糸」となると更に上をいく触り心地と言えそうです。
血統書付きの猫の毛のように、ふわりと柔らかく、しっとりとして…癒し系の手袋ですね。

よく伸びて温かい

手袋に求められるのはもちろん温かさ。
その点も優れていて、この手袋は裏起毛になっています。
長さもあり、手首の方までカバーしているので、温かいうえに、手から抜けにくくて良いですね。
この長さがオシャレに見えて素敵なんです。

私は自転車で通勤するので、助かります。
かなり手先が冷えますから。
また、手をグーパーしても生地が良く伸びるので、動かしやすいです。
ブレーキをにぎる時も大丈夫ですね。
伸びが良いと、お財布や定期を取り出すような、ちょっとした動作の時にも助かります。

この手袋をはめたら、うきうきして、手元の写真(手袋の)など撮ってしまいそう。
鞄を持つ手、本を持つ手、電車のバーに捕まる手、自転車のハンドルを握る手…何だか明るくて、様になるような…自分の写真のセンスはダメそうだけど。
みなさんも、お気に入りの手袋をして、温かく楽しい冬をお過ごしくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする