レブロン カラーステイメイクアップの口コミ!ナチュラルで24時間キープ!

■夏はたのしい!でも苦手だったり嫌いな理由は?
「夏がだいすき!」
そう、声を大にして言える女性は意外と少なかったりします。

もちろん海やプール、キャンプやフェスなどたのしいイベント盛りだくさんで、たのしくてたのしくてもうたまらない季節!
浴衣を着ておまつりや花火大会に行くと(女性に生まれてよかったなぁ)としみじみうれしくなりますし、浴衣を着て出かけるウキウキしちゃったりしますよね?
なのに、なぜ「だいすき」と言えないのかというと…

夏のお出かけにつきまとう、

皮脂
による化粧崩れの悩み
これにつきますよね?

さっぱりタイプの洗顔料で肌がツルツルするまできっちり洗って、冷蔵庫でキンキンに冷やしておいた化粧水でていねいにパッティングして毛穴をキュッと引き締め、オイルコントロール効果のある美容液や下地でベースを整えたら、いざ夏用のファンデを女性誌やメイク本、テレビで紹介されていたメイクアップアーティストのテクや裏技通りにていねいに塗り込み、あとはマットなパウダーで仕上げればカンペキ無敵!

・・・のはずが、
家を出てぎらぎらの日差しを浴びた瞬間にじわじわ崩れはじめる
目的地に着くころにはドロドロテカテカ…「夏の女性あるある」です。

肌タイプに関係なく、夏は女性のメイクや肌にとてもいじわるな季節です。
そのいじわるのせいで夏を思いっきり楽しめない女性にうれしい朗報!
汗や皮脂につよく、例えやおおげさではなく「24時間崩れない」夢のようなファンデーション、レブロン「カラーステイ メイクアップをご紹介します。

レブロン「カラーステイ メイクアップ」が口コミで大人気!ドラッグストアでも激売れの理由は?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらが、レブロン「カラーステイ メイクアップ」です。
コンパクトに見えますが、容量は30mlなので少なくもなく多くもなくといったところですね。

ちなみにレブロンはドラッグストアやロフトなどのコスメ売り場にあります。
同じ海外発の「メイベリン」「リンメル」などとアイテムの雰囲気や価格帯が似ているブランドですね。
リップも国産にはない渋いカラーが展開されていたりするので、わたしはけっこうよくチェックするブランドのひとつです。

さて、話を「カラーステイ メイクアップ」に戻します。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

1プッシュだとかなりの量がでますから、わたしは調整しながらゆっくりだします。
半プッシュでこれくらい、ナチュラルメイク派のわたしにはじゅうぶんすぎる量です(笑)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

のばしてみました。
するするときもちよくのびます。
でも、トゥルトゥル感やつるっと感はなく若干キシキシ感があります。
するするのびつつ心地よいひっかかりがあり、マットファンデっぽいテクスチャーです。

その理由はオイルフリー!
テカる夏の肌にはやはりオイルフリーがいちばん!
でもこのファンデ、魅力はオイルフリーだけではないのです!

なんとお値段税込、2.160円!
大手ブランドのファンデで5000円前後、ハイブランドだと1万円越えもめずらしくないファンデ界において2.160円は破格も破格です。
浮いた予算でリップやマスカラが買えちゃったり、ちょっとリッチなランチが食べられちゃったりしますね(笑)

レブロン カラーステイメイクアップの色選び!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

手だとわかりづらいので顔に、いつものように塗ってみました。
化粧水、クリーム(極少)、日焼け止め兼下地をうすく伸ばしてから、半プッシュを顔の中心から外側に手早くささっとなじませます。

とくにテクやコツがなくてもムラなくそこそこきれいにのびますから「ファンデ塗るのがどうも下手で…」とお嘆き&自信がない人にかなりおすすめ!
スポンジなどなくても手でぜんぜんOKですよ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ご覧の通りわたしは白肌ではありません、色黒です。
それに加えて頬や小鼻に赤みもあったりするのですが、この「カラーステイ メイクアップ」をつかい、パウダーをさっとのせるだけでたちまち憧れの白肌をゲットできちゃうのです。

じつは買うとき、色選びをかなり迷いました。
いつも普通肌or濃いめのオークルですから、これも…とオークル系を試したのですがなじみすぎて肌色補正効果がまったくない気がしたのです。

一瞬戸惑いましたが、口コミサイトに「いちばん明るい色が超おすすめ!」とあったのを思いだし、おそるおそる「色白さんにおすすめ 自然なアイボリー 150(パフ)」を手の甲にのばしてみたところ…
白浮き感がなくしっくりいい感じで馴染むではありませんか!

ドラッグストアなのでさすがに顔に直接塗るのははばかられます。
でも、なんとなくこれなら顔にもいけるという直感があったのと、(2000円だし…もし浮いたら手持ちのファンデと混ぜてつかうか下地的につかえばいいか…)と、即断即決で購入しました。
それがもう大正解だったのです。

カラーステイ メイクアップのメリット!ベスト5

ウリ通り&ウワサ通り、塗りたてをずっとキープできる!しかも白肌ゲット!

きたなくヨレたり崩れたりしない

毛穴、色ムラ、肌色などの補正効果がとても高い

なにげに気になる「毛穴落ち」ゼロ!

SPF15だから、忙しいときのちょっとした外出時などBBクリーム代わりにササッと塗るという使い方もできる

これだけでももうすごすぎますよね?

使ってみて、そして毎日使うようになって、口コミサイトで大人気なワケ、そしてドラッグストアでも激売れしているワケがすんなりわかりました。

なんせ朝塗って、かるいウォーキングをしても家事をしても、バタバタと買いものに行ってあせあせ帰ってきて、おそるおそる鏡でチラッとチェックしても…

「ファンデ塗ってます」感をバッチリキープできている!

買いもの中にタオルハンカチで何度か汗をおさえたのにムラやくずれなし!
ひと段落したらパウダーをささっとはたけばリタッチ完了!
しかも乾燥も肌荒れもナシ、無添加のミルククレンジングのみでちゃんと落ちるとよいこと尽くめなのです。

女性の肌が苛酷な状況にさらされるのは夏だけではありません。
冬も、寒いところから温かい室内に入ると汗ばんだり赤ら顔っぽくなったり、鍋パーティーでテカテカ…なんていうシチュエーションも女性あるあるだったりしますが、このファンデがあればきっと大丈夫!そんな希望がもてるのです。

つまり!
夏はもちろん通年、あらゆるシチュエーションできもちよくつかえる「シーズン&シチュエーションレスファンデ」というのがわたしの見解です。

唯一の不満はニオイとキャップ内の汚れ

使用感、仕上がり感などは大満足も大満足なのですが…
ニオイだけが気になります。
ペンキや絵の具っぽいこってりした油っぽいニオイ…正直やや萎えます(笑)

ふとしたときに絵の具臭がふわんとすると確実にテンションがさがるのです。
なぜこのようなニオイがするのかほんとうに謎です…。
もうちょっと和らぐか、きつくない程度に香料が入っていたらもう200点満点です。

あとはキャップ内がこんな感じで汚れやすいこと。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

気づいたらコットンやティッシュで拭けばいいだけ。
極端な話、携帯をしないのでキャップをはずして使えばいいだけといえばそれまでですが、キャップが半透明ではなく真っ黒か、接触しにくいつくりならもっといいのでは?とほんの少しだけ思ったりします。

いかがでしたか?
夏ファンデには肩すかしをくらいまくりだったり、過激な言い方をすると「だ、だまされた…」と嘆きっぱなし(ときに泣きっぱなし)の人もたくさんいるはずです。
だって、このファンデに出会うまでのわたしかそうでしたから…

いまはウォーキングやかるい運動もたのしめ、汗をかくことが苦にならなずこれからたくさんある夏のイベントがたのしみでたまらないのは「カラーステイ メイクアップ」のおかげです。
ぜひ、ドラッグストアなどのレブロンコーナーをチェックしてみてください。