ユースキン あせもパウダークリームの口コミレビュー。夏のお悩み・あせもを有効成分で防ぐ&治す

ユースキン あせもパウダークリーム 口コミ

レジャー、イベントの夏!でも「あせも」も気になる…

夏といえば…
海に!プールに!
フェスに!イベントに!
と、レジャーも楽しみももりだくさんのたのしい季節!
でも、つきものなのは暑さで大量にかく汗による「あせも」の悩み。
どなたもきっと経験がありますよね?
もしかしたらもうお悩みの真っ最中だったり、家族で困っている人がいたりするのでは?
(なんかムズムズするな、チクチクする…)と思ったときには時すでに遅し。
汗をたっぷりかいた部分が赤くなっていて、かいた汗がピリッとしみて痛みすらあったり…
さらに、かくとぷつぷつと発疹がでてどんどんかゆみと荒れがひろがり、ひどいときは1シーズン治らず、不快でゆううつなまま夏が終わるということもあったりするほど…。
でも、今年の夏は大丈夫!
ユースキン製薬株式会社の、あせも用かゆみどめ「ユースキン あせもパウダークリーム」で、かゆみの悩みとさよならして夏を快適に乗り切っちゃいましょう!

あせもパウダークリーム!あのロングセラー「ユースキン」から登場!

ユースキン あせもパウダークリーム

ユースキン、ご存じですよね?
ハンドクリーム、薬用クリーム、かゆみどめのローションなどが有名で、ドラッグストアのクリームコーナーの定番品といってもいいほど存在感のおおきい商品です。

年配の方には「ユースキン=薬」と信仰(?)している人もいるほどで1家に1本常備されていることが多かったので、おふろあがりやちょっとした傷ができたときおばあちゃんに塗られた…という思い出のある人もチラホラいるのではないでしょうか?

それもそのはず、ユースキンが生まれたのは昭和32年!

手荒れに悩む当時の主婦のために考案された医薬品クリームが改良を重ね、現在に受け継がれているベストセラー的万能クリームなので、幅広い世代に知名度と人気が高いというわけですね。

そんなユースキンの技術を生かした、あせも治療薬「ユースキン あせもパウダークリーム」を知ったきっかけは、同じユースキンからでている別シリーズの「リカA」がなくなりそうになってしまったことでした。

「リカA」は知る人ぞ知る、というか湿疹や荒れなどの肌トラブルに悩む人に絶大に支持されているかゆみどめです。
「最強かゆみどめ」という別名もあるほどで、たしかに塗るとスーッとすると同時にピタッとかゆみがやむのです。

長年愛用してきましたが、今年の夏は比較的肌荒れが治まっていて気になるのはひじ裏やひざ裏、おなか(スカートやパンツのウエスト部分、腰部分)の局部的なあせもだけだったので特化したものはないかなぁと探していたところ、「あの」ユースキンのあせもパウダークリームを発見したのです。

価格も600円ほどと手頃だったので、テスターがなかったのに関わらず、またいつもは念入りに行う下調べもなしでその場で即買いしました。

ふしぎなほどの絶大な信頼感…
わたしももしかするとユースキン信者のひとりかもしれませんね(笑)


ユースキン あせもパウダークリームの塗り心地、使用感は?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

効能のところには「あせも、かぶれ、しっしん、皮ふ炎、かゆみ、ただれ、じんましん」とあります。
あせもクリームですが、ほぼどんなかゆみ全般にも効くといっていいでしょう。

もう捨ててしまって手元にないため不明ですが「リカA」の効能も同じような感じだったと思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さぁ、塗ってみましょう。
色は真っ白、絵の具の白やパテのような透明感のないこっくりとした白色のクリーム。
きつい香りはまったくありません、ほぼ無臭です。
ふつうのユースキンや「リカA」はけっこう薬品臭がしたりするんで、刺激的な臭いにやや敏感なわたしには思わぬうれしさでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

のばしてみました。
スーッときもちよくのびます、なじみます。
余計なべたつきやぬるつき、その逆のもったりしていつまでも肌のうえに残る…といったストレスはまったくありませんから、お子さんからお年寄りまで幅広くラクに使えるでしょう。

ユースキン あせもパウダークリームの効果

パウダーinなのにのび、なじみよし!白残り、色移りはなし!

いちばんすごいのは、あせものかゆみがピタッとやむこと!
そして、(…あ、ちょっとやばいかな?)とムズムズ、チクチク感が気になったとき、まめに塗れば本格的なあせもにすすまず、さらさらの状態のよい肌がキープできるのです!

つまりかゆみどめ+予防効果のW効果があるということ!
昨年夏まで「リカA」をつかっていましたが、あせもに特化していえば断然こちらの方が効果を実感できます。

クリームを塗った部分に汗をかいたときベタベタ、ベトベトにならない
ややかためのクリームなので密着感がある
パウダーinでひじ裏、ひざ裏、おへそのまわりもずっとサラサラ

以上3つがこのクリームの特長なのではないでしょうか。
とくにいちばんの特長は「パウダーin」というところです。

たしかに塗っているとパサパサとしたパウダリーな感触があります。
このパウダーの正体は成分表にもある「酸化亜鉛」。

あせもによる荒れやかぶれの部分を保護するだけでなく、あせもの炎症を和らげる効果があり、いろいろなかゆみどめに使われている成分なのだそうです。

でも、パウダーinものにありがちな粉っぽさ、白残り、服への色移りはないので、塗っても腕や脚を余裕でだせますし、濃い色の服への色移りもないという優秀っぷり!
かゆみもおさえて予防までできて、塗り心地使い心地よし、これってすごすぎると思いませんか?

ユースキン あせもパウダークリームは子供にも(^^♪

とくにひどかったこどものあせもが劇的に改善!家族全員で使える!

我が家は息子があせもができやすく、暑くなり始めるとボリボリあちこちかいたりしてて、見ていてかわいそうやら、こっちまでかゆくなるやら…なのですが(かゆみって伝染りません?そばで人がボリボリかきむしっていたり、毛虫などの毒虫、蚊などの害虫の映像を見るだけでわたしは肌の表面がムズムズしてきてたまらなくなっちゃいます…)、お風呂あがりにタオルでからだを乾かしたあと、ほいっと渡して「かゆくなりやすいところに塗りな」と言いわたすとめんどくさげながら塗ってくれます。
するとやはり、かゆみがでにくくなるんですよね。

こどもは汗かきです。
真夏日に学校から帰ってくる頃にはびしょぬれ…。
皮膚がうすいからひざ、ひじの裏はかゆくなりやすく、汗をかかないということがないからあせもも治りにくいという悪循環で見ていてもかわいそうなほどだったりしますが、今年はいまのところこれのおかげでかゆかゆにならずにすんでいます

家族をにっくきあせもから守ってくれている…「ユースキン あせもパウダークリーム」は、そんな頼もしい存在でもあります。

「かゆみどめなんてどれも同じ」
「汗をかいたらべたついちゃって、流れちゃって当たり前」
「あせもはなにを塗ってもダメ!だから夏はあきらめている」
という人にこそ、ぜひ試してみてほしいクリームです。

「夏をあきらめて」いいのはサザンか研ナオコだけでじゅうぶんです(笑)



唯一やや不満(?)なのは細すぎるチューブの口…

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

いかがでしたか?
…じゃなかった、そうそう!

大事なことを忘れるところでした(汗)
チューブの口です、こんな感じ。
よくあるかゆみどめの口と比べてかなり細いと思いませんか?

はかってはいませんが1.5mmくらい?にみえます。

形状的に出すぎない、しかもクリームがしっかりしているから、たれたりうっかりドバっとでて「アチャチャ……」ということがないのは安心でよいのですが、あせもやかゆみの範囲がひろくてすばやく多く出したい場合はちょっと面倒かもですね。

いまのところチューブタイプ1種類しかないようですが、ジャータイプがあってもいいのでは?と思ったりなんかも…して。
気になる点はただそれだけ、あとは満点優秀な「ユースキン あせもパウダークリーム」のご紹介でした。