花王ビオレ さらさらUVアクアリッチ ウォータリーエッセンス

花王ビオレ さらさらUVアクアリッチ ウォータリーエッセンス

夏といえば・・・
ギラギラと、まるで焼き魚にでもなったような気分になるあの強烈な日差しがやっかいですよね。
UVケアは美容的にも健康的にも大事ですが、毎日毎日忙しい朝にしっかりまんべんなく塗るのはちょっと面倒だったりするもの。
ベタつきや白浮きも気になりがちだったりしますよね?

そこで今回は、うるうるさらさらでストレスフリーな日焼け止め、花王の「ビオレ さらさらUV アクアリッチウォータリーエッセンス」をご紹介します!



日焼け止めのイメージは?べたつく、白くなる、においが・・・

日焼け止めってシャカシャカ振ってから使うものがほとんどじゃないですか?
わたしはあのシャカシャカが面倒で幼いころから日焼け止めが嫌いでした

あれは、なかにステンレスのちいさなボールが入っていて容器の底に沈殿しやすい紫外線吸収剤を液体にまんべんなく混ざらせるようにするためなのだそうです。
あとは分離しがちな水分と油分も混ぜあわせるのだとか・・・リキッドファンデなんかも同じですね。
おとなになってそれを知ったときは「へぇー!そうだったんだ!」と妙に納得したものです。

さておき、そんな面倒くささのほかにも、

べたつく
のびがイマイチ
テカテカする、白くなる(白浮き、白残り)
油っぽい独特のにおいが気になる
念入りに洗わないと落ちない

といった点もネックだったりして・・・。

これだけみると日焼け止めって面倒くさくて使用感がイマイチ、できれば使いたくない・・・ってなっちゃうって思いませんか?
そう、わたしは以上の理由がどうしてもイヤで日焼け止めをまったく使っていませんでした。

日焼け止めが嫌いだったわたしがしぶしぶ使いはじめたワケ

BBクリームやフェイスパウダーにもSPF表示がされていたりするので、それでケアはじゅうぶんなのでは?とも思っていました。
でもあるとき、ママ友数人と立ち話をしているときに(みんなとっても白い・・・真っ黒なのはわたしだけ?)と気になってしまったのです。
ママ友は夏でも長袖だったり、半袖やノースリーブでもアームカバー+帽子(or日傘)でばっちり紫外線対策をしている人がほとんど。

わたしはなにもしていなかったので、黒くて当たり前です。
同じ「なにもしてない」でも、色白で肌がきれいな人が言えば羨ましがられますが、わたしが自虐っぽく言ったときには「だめよ、ちゃんとしないと!後悔するわよ!」と説教されるのがオチ・・・それがふとイヤになったんですよね。

むかしのアニメではありませんが「はやく人間になりたい」ならぬ「はやく人並の肌の色になりたい」とこころの中で叫び、とりあえず日焼け止めを塗ることから始めることにしてみたのでした。

種類豊富な日焼け止め、手軽さ重視のスプレータイプは大失敗。

とにかくかんたんなものがよい、とスプレータイプの日焼け止めにしました。
理由は「シューッとひと吹きするだけだから」これに尽きます。
しかしこれが大失敗、ムラになるしやけにべたべたするのです。

メイクのうえからでもOKとあったのですが、仕上げにシューッとすると妙にテカテカするし、におうし・・・。
結局1本使い切らないまま夏が終わりました。

そう、わたしはその夏、結局まともに日焼け対策をしなかったのです。
スプレー=手軽というイメージでしたが中身はよくある日焼け止めと同じ。
使用感やにおいが苦手だとやはり続かないものですね。

ビオレアクアリッチで日焼け止めのネガティブイメージが一変!

コスメサイトでチェックしてみると、花王の「ビオレ さらさらUV アクアリッチウォータリーエッセンス」が絶賛されていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ビオレっていうと10代のイメージがつよいものですが、アラサー、アラフォーがこぞって高評価なうえ、日焼け止め部門ではぶっちぎりの1位!
これはよさそう、とさっそく使ってみることにしたのです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

色はほんのり黄色、よくあるオールインワンジェルのようなプルッとしたテクスチャーです。
においも気になるところです。
クンクン嗅ぐとなんと・・・

さわやかなグレープフルーツの香り!

これは驚きでした。
いや、パッケージに「みずみずしい香り」とはあったのですが、こってりしたあの日焼け止め臭をカバーする(もしくは日焼け止め臭と混ざった)フルーツ臭だと思い、じつは覚悟してたのです。
それが思いのほかさわやかな香り、しかもきつくなく穏やか。
汗をかく夏にちょうどよい感じの香りです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

のばすとうるうるっとして、スーッとさわやか。
まさにアクアリッチ、モイスチャーな感じですね。
馴染みやすく伸ばしやすいうえ、さらっときもちいいので顔、首、肩、腕・・・と、つい塗りたくっちゃいます。
でもいたって軽く圧迫感ゼロどころか「わ、なんかきもちいい」とつぶやいてしまうほどです。
これはちょっとやみつきになりますよ、日焼け止めじゃなかったとしても毎日塗りたくなるきもちよさです。



アクアリッチ グレープフルーツの香りの正体は香料じゃなく美肌成分だった

このグレープフルーツの香りが気になり原材料を調べてみると「グレープフルーツ果実エキス」とありました、ただの香料ではなかったのです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ちなみにオレンジ果実エキス、レモン果実エキスも入っています。
さらに調べてみたところ、これらは美容液成分(保湿成分)だったのです。
どうりでしっとりするんだ、と納得。
乾燥防止効果もあるのでエアコンや汗などで乾燥しがち、荒れがちな夏の肌によしです。

アクアリッチ ふだん使いには十分、でも汗と水には弱いかも?

使うようになって袖のラインやパンプスのふち部分がクッキリ目立つような焼け方をしなくなりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

SPF50+、PA++++だけあり、日焼け止め効果はじゅうぶんです
この数値はよくある強力な日焼け止め並ですから、タウンユースやちょっとしたレジャーでも大丈夫です。

ただし、ウォータープルーフではないため汗をたくさんかいたり、プールや海などのレジャーには不向きかもしれませんね。
こまめに塗りなおしたとしてもすぐ流れてしまうでしょうから、油分があって肌に密着し流れにくい、よくある乳液タイプの日焼け止めがよいと思います。

じょうずに使い分けるのがいちばんでしょうね。
たとえばふだんはビオレ、汗をかくことや水に濡れることが予想される場合には乳液タイプの日焼け止めという感じがよいと思います。
わたしはふだんは買いものや散歩、ちょっとした外出程度なのでこれでじゅうぶんです。

アクアリッチ ゆるゆるなので保管&持ち歩きには要注意!

一応スタンディングタイプです、
でも液がゆるゆるで力加減を誤るとどばっとでたりするので、保管は横向きがおすすめです。
あと、持ち歩きの際はキャップを必ずしっかりしめましょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こんなドジはわたししかいないかもしれませんが、中途半端にしめたままバッグに入れて外出・・・塗りなおそうと取りだしたらキャップの部分にたぷたぷ溜まっていてあわや大惨事といった経験アリなので、くれぐれもご注意を。
(もちろんもったいないので溜まっているのを指ですくい塗り、残りは吸いとって容器に入れ直しバッチリ使いきりましたが・・・)



最後に

いかがでしたか?
これという日焼け止めに出会えていない、日焼け止めジプシー中という人の参考にちょっとでもなればうれしいです。

ビオレのこの日焼け止めはスキンケア感覚で取り入れることができますし、違和感や負担もほとんどないので素肌っぽく一日過ごすことができますよ。
わたしみたいな面倒くさがりさんはもちろん、こどもやティーンなどの日焼け止めデビューにもかなりおすすめです、ぜひ!