ウォーターマン万年筆チャールストン エボニーブラックCT 口コミ

ウォーターマン万年筆チャールストン エボニーブラックCT

私は先日、近場の文房具店で万年筆を買いました。
ウォーターマンの「チャールストン」で、色は黒×金のものです。

ウォーターマン万年筆チャールストン エボニーブラックCT 口コミ

2本目の万年筆なのですが、1本目に買ったソネットとは別の意味で素晴らしさを感じました。
材質は硬質アクリル樹脂で、非常に軽く扱いやすいのがポイントです。

手に取るとあまり重厚感はありませんが、使ってるのを見る分にはいかにも万年筆といった高級感があります。
デザイン性の高いウォーターマンの中でも、世代や性別を問わず万人受けするデザインだと言えるでしょう。
キャップは捻って回して取るタイプで、キャップの先は密閉されています。

ソネットはこの部分に穴が開いていてすぐにインクが乾きましたが、この商品は入れたインクがとても長持ちします。
キャップは尻につけても、外して書いてもいいでしょう。私は書きやすさ重視のため、外して書いています。
キャップの構造上、グリップのやや下辺りに螺旋状に溝があります。その辺りはスマートな見た目ではないものの、正しい持ち方をしていれば指には当たらない箇所なので実用面では影響がありません。

ウォーターマン万年筆チャールストンのペン先

ニブはFで、他の海外メーカーの細字よりも細いです。ペン先の大きさは良くも悪くも控えめです。
ウォーターマンのロゴがおしゃれでいい味を出していますね。
クリップやボディに入っている金のラインも美しく、統一された色彩美が気に入っています。

海外製の万年筆で画数の多い漢字を小さく書くと潰れる……と思ったことがある人も多いと思います。
ですがこの万年筆なら、バイブルサイズの手帳への筆記も難なくできます。
インクフローも平均的~ごく僅かに渋いもので、下手な薄紙でない限り裏写りしません。
一般的な手帳やノートに使われている紙なら、まず問題ないかと思われます。

筆記中に思ったことは、とにかく癖のない万年筆だということです。
どんな時でも安定して線が書けるし、使っていて安心感があります。
ただその分、字には筆記者の持ち味が出にくい傾向にあると思いました。
熟練された万年筆のユーザーよりも、割と初心者から慣れてきた人向けな感じがします。
とはいえ万年筆を使い込んでいる人でも、面白みこそ少ないものの筆記具としての役目は十分に果たしているので使う価値はあると思われます。

ウォーターマン万年筆インクカートリッジ

最初からコンバーター式なので、すぐにボトルインクを入れられるというのもポイントが高いです。
デフォルトがカートリッジで、コンバーターは別売りになっている万年筆もあるので。

私はこの万年筆に、パーカーとパイロットのインクを入れて試してみました。
どちらのインクも、滑るように出てくるのが気持ちが良いです。
線も安定しており、書きたての箇所はインクがツヤツヤとしているのがいいですね。
ペン先を紙にそっと置いただけでインクが出るので、全く力を使いません。

執筆活動や勉強のライティングで膨大な量の文字を書く時にはうってつけだと思いました。
ペンと戯れがてら大学ノートに10ページほど回想録を書いてみましたが、これほど使用しても手に疲れは感じませんでした。

インクの出は良好ですが、コンバーター内のインクが2割くらいにまで減ってくるとたまにかすれることがあります。
この現象は特にパーカーのブルーブラック(2年もの)で確認されたものですが、パイロットの買ったばかりのインクでは問題がありませんでした。

パイロットのインクは、元々サラサラしたインクだというのもあるかもしれません。
私はこの万年筆のおかげで、また書くことの楽しみを見つけることができました。
この頃はすっかり万年筆も触っていなかったのですが、この衝動買いがきっかけでもっと字を書きたいと思うようになりました。
まずネットのレビューに触発され、文具屋で試し書きして惚れ込んで買ったものですがこれはアタリでした。
約25000円の中堅どころの万年筆ですが、快適に滑らかに使え非常にコスパがいい商品だと思われます。
これからも字を書く機会を積極的に作って、このチャールストンを堪能したいです。

パソコンやスマホで文字をたたいてばかりで、これはいかん!
ということで、実際に書くということが見直されていますね^^

また文字を書くとしても、筆記用具もボールペンが多いですが、万年筆の書き心地は格別ですよ^^